フリーダイヤル:0120-665-337

行政書士・行政書士 福岡・許可・認可申請・在留資格・相続・離婚・交通事故

法人設立

法人設立

法人設立

 法人設立は設立することが目的なのではなく、自分が描く事業運営を円滑に行うための第一歩を踏み出す一つの手段です。
 当事務所では、お客様の事業計画に一番適した法人の形態・組織をご提案しながら、お客様の起業をサポートいたします。

法人形態・組織編成へのアドバイス

 ひと口に法人といっても多くの種類があります。代表的なものは「株式会社」とよばれるものですが、それ以外にも、合同会社、一般社団法人、NPO法人など、どの形態がよりお客様の描くイメージに適合しているのか。それぞれの法人のメリット・デメリットを提示しつつ決定していきます。
 法人の形態が決定したのち、どんな組織運営にするのか。株式会社であるのなら、取締役を何名にするのか、取締役会は設置するのかなど、設立後無理のない組織運営を実現するためのご提案をいたします。

目的等決定へのアドバイス(定款作成)

 定款は、法人の組織活動等の根本的な規則を定めたものです。法人は、この定款に記載されている規則に基づいて活動が行われることになり、定款に記載されている以外の活動を行ったり、手段を採用することできません。

 建設業介護事業、外国人の在留資格の取得や取得など行政官庁の許認可申請を予定されている場合、許認可の要件として資本金の額や本店所在地、事業目的の文言などに制約があります。定款に定めたことを変更する際には、それなりの段階を踏まなければならず、またその変更した内容が登記事項の場合は、手間や費用がかかります。
 
 法人として活動をしている間に発生するであろう問題や紛争を未然に防ぐための定款内容をアドバイスいたします。また、目的等を決定する際には、予定している許認可申請だけでなくその周辺の許認可も視野に入れた定款をご提案いたします。

トータルサポート 

 当事務所では、法人設立の際に、これからの事業運営、会計、労務などの相談もお受けしており、事業を開始する上でのコンサルティングも行っております。初めての事業運営をお考えの方にも、安心して創業していただけるよう支援しております。


 

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional