フリーダイヤル:0120-665-337

行政書士・行政書士 福岡・許可・認可申請・在留資格・相続・離婚・交通事故

産業廃棄物処理業

産業廃棄物処理業

産業廃棄物処理業とは

 業として他人の産業廃棄物を運んだり、そのままでは産業廃棄物を無害化するために処理する場合には、産業廃棄物の許可が必要です。許可を取得しないまま他人の産業廃棄物を収集したり、運搬したり、処理することはできません。
 

収集運搬業許可申請

 産業廃棄物収集運搬業を営む場合、法人・個人に係らず、廃棄物を積む場所(排出事業場の所在地)と下ろす場所(処分場の所在地)を管轄する都道府県長(保健所政令市は市長)の許可が必要になります。

  • 許可取得要件
    • 運搬車、運搬容器等を有すること
    • (財)日本産業廃棄物処理振興センターの実施する講習会の受講修了証
    • 経理的基礎を有すること
    • 申請者(法人の場合は役員及び株主、政令使用人)に欠格事由がないこと。
    • 成年被後見人若しくは被保佐人ではないこと など

  • お手続の流れ
      (申請内容の確認)
        ↓
      (添付書類の準備・取得 写真撮影)
        ↓
      (申請書類への押印)
        ↓
      (申請書提出)
        ↓
      (許可取得)

当事務所の業務

  • 事業範囲の御相談に応じます。
     一品目追加するだけで、変更申請が必要となります。申請をする際にきちんと計画する必要があります。
  • 講習会のご案内をいたします。
  • いただいた情報によりすべての許可申請書の作成をいたします。
  • 車両等の写真も当事務所で撮影いたします。
  • 決算書の内容によっては、追加書類が必要となります。当該書類作成のアドバイスをいたします。

産業廃棄物処分業の許可申請

 中間処理、最終処分は、業として行うことが可能かどうかの事前調査をいたします。

 
  

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional