フリーダイヤル:0120-665-337

行政書士・行政書士 福岡・許可・認可申請・在留資格・相続・離婚・交通事故

遺言書作成

遺言とは?

 遺言とは、生きているうちに蓄えた財産を、自分の死後、自らの意志で分けることが出来る手続きです。
 遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、遺言者がしっかりとした判断能力を持っていることが遺言作成の条件となります。

遺言書作成の必要性

 遺言書作成をお勧めすると、このようにおっしゃる方が大変多くいらっしゃいます。

「うちの家族は仲がいいから」
「私は財産がないから」
 
 遺言書を残すということは、残されたご家族に自分の意思をはっきり伝えるという意味合いをもつのと同時に、ご自分がいなくなったことによって生じる様々な不測のトラブルからご家族を守る目的もあるのです。
 相続の手続きをすすめていると、どんなに仲のいいご家族であっても、多少の意思の食い違いやすれ違いが生じてきます。そんなとき、遺言書があれば、遺言書によって示された意思を基本に円満解決に進むことができるのです。

 また、遺言書に書くことによって法的に有効となる事項は、財産の処分だけではありません。
 ですから、財産の多寡にかかわらず、遺言書を作成する意義はあるのです。

法的に効力のある遺言内容

  • 身分に関すること
    • 子の認知
    • 未成年者の後見人 など
  • 財産の処理に関すること
    • 相続人以外の人に贈与すること。
    • 財産の寄付
    • 信託 など
  • 相続に関すること
    • 遺産分割方法の指定
    • 祭祀承継人(墓や仏壇を受け継ぐ人など)の指定 など

遺言書の種類

  • 自筆証書遺言
     遺言者が自筆で作成する遺言書
    • 利点:費用がかからない。
          遺言内容の秘密が守られる。
    • 欠点:内容不備による法的無効の可能性がある。
          遺言書の紛失、隠匿、破棄の危険性がある。
  • 公正証書遺言
     遺言者が口述した内容を、公証人が書き取り作成される遺言書
    • 利点:遺言書の管理が万全。
          内容は法的に有効である。
    • 欠点:費用がかかる。
          遺言内容が他人に知られる。
  • 秘密証書遺言
     遺言者が記した(ワープロ、代筆可)遺言書を封印し、公証人が確認する方法による遺言書。
    • 利点:遺言を残した事実が法的に明らかになる。
          遺言内容の秘密が守られる。
    • 欠点:遺言執行時(開封時)まで、内容が法的に有効か無効かわからない。

遺言書の必要条件

 遺言書は、必要条件が一つでも欠けていると法的に有効なものとみなされません。
 公正証書遺言は、公証人が作成するので問題ありませんが、自筆証書遺言、秘密証書遺言は遺言者が作成しますから、注意が必要です。
 
 当事務所では、遺言者のご家族に対する思いを、的確にお伝えできるような遺言書が作成できるよう、法的な助言をいたします。尊いご意思が無駄にならないよう全面的にサポートいたします。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional