風俗営業

風俗営業

風俗営業許可とは

風俗営業は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」により1号から8号に分類されている業種のことを指します。
1号「キャバレーなど」 2号「スナックなど」 3号「ディスコなど」 4号「ダンスホールなど」 5号「バー・喫茶店など」(低照度飲食店) 6号「バー・喫茶店など」(区画席飲食店) 7号「麻雀屋、パチンコ屋など」 8号「ゲームセンターなど」

7号営業(麻雀屋)許可申請

店舗を構え、麻雀台を設置し、その場所を貸すことにより場所代をもらうような事業を行う場合、風営法第3条第1項により営業所所在地を管轄する県公安委員会の許可を受けなければなりません。
  • 許可取得要件
    • 学校、病院等の「保護対象施設」が、営業しようとする場所から一定の距離内にないこと。
    • 住宅街都市計画法によって営業が認められた地域であること。
    • 床面積、照度、設置する設備等の内部構造など、基準に達していること。
    • 申請人または管理者が、欠格要件に該当しないこと。
 
  • お手続の流れ
(ご依頼者の事務所で打ち合わせ) ↓ (電話・FAXでの資料確認) ↓ (必要書類等の取得) ↓ (営業所の図面作成、写真撮影) ↓ (作成した許可申請書に押印) ↓ (警察署で事前確認) ↓ (申請) ↓ (営業所調査) ↓ (許可)

当事務所の業務

内部の構造図、ソファ等の設備の概要などの書類の提出を求められます。また、求積の基準となる客室や営業所の範囲の設定、営業予定地から保護対象施設までの距離の測定方法等、注意が必要な項目があります。 当事務所では、ご提出いただいた書類に基づき、申請に必要な添付書類を作成いたします。

風俗営業関連、周辺お手続き

  • 食品営業許可申請
  • 深夜酒類提供飲食店営業許可申請
    風俗営業終了後に引き続き同一の営業所を利用して飲食店業・深夜酒類提供飲食店を営むことは、原則できません。